解決志向ブリーフセラピーとは?

 

ブリーフセラピーとはなんでしょうか。

  短期療法(ブリーフセラピー;Brief Therapy)は、ミルトン・エリクソンの影響を受けた理論・技法を有し、比較的短期間で問題の解決をみる心理療法の一派の総称である。 MRIアプローチ、ソリューションフォーカストアプローチ、などが代表的である。

 

Wikipedia

引用にあるように、

ブリーフセラピーとは、

短期間での問題解決の手法です。

 

 

こんにちは

自己肯定感メンタルポートの岸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリーフセラピーのなかの

解決志向ブリーフセラピーとは

どういったものでしょうか。

 

 

 

解決志向ブリーフセラピーとは、

かんたんにいうと、

解決に焦点をあてたブリーフセラピーです。

 

 

 

この解決とは、

問題解決のことではありません。

 

 

 

解決とは、

新しく何かがつくられること

言い換えれば

よりよい未来の状態を手にいれること

なのです。

 

 

 

どこに焦点をあてるのか。

それによって、

改善までの道のりがかなり変わります

 

 

 

あなたには、将来のありたい自分があると思います。

完全に明確にはなくても、

 

「こんなふうになったらいいな~」

 

「せめてあのくらいまでにはなりたい」

 

くらいの気持ちはお持ちではないでしょうか。

 

 

 

毎日毎日が、将来・未来を作ります。

将来のありたい自分に向かっての

人生を歩いていくわけです。

 

 

 

そのありたい自分になれるような

ゴールにより近づける選択を

日々求めていくのが良いのです。

 

 

 

もしかすると、あなたは、

こんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

 

 

「ピンクのゾウを想像しないでください

「レモンを想像しても決して唾液を出さないでください

 

ピンクのゾウと言われて、

想像しない人はほぼいません。

 

 

レモンと言われて口の中に唾液が

まったく出てこない人もおそらくまれでしょう。

 

 

 

人間は、意識に上げたものを

より強く意識してしまう生き物です。

 

 

 

原因や問題を深く掘り下げることも

ときに大切ではありますが、

そこに深くこだわってしまうと、

なかなか他のことに意識が向きづらくなります。

 

 

 

解決を志向する=よりよい未来

これを意識し、志向することで、

あなたの目指す将来像

近づいていきやすくなります。

自己肯定感もあがります。

 

 

 

今回は、私のセッションの現場での

基本的な考え方である

解決志向ブリーフセラピー

についてお伝えしました。

 

 

解決志向ブリーフセラピーについての

記事はこちらもどうぞ!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガ配信中です

メルマガは毎週火曜20時ごろと
ほかの日にも配信してます!

〜最新情報をお届けしてます〜

 

「ちなみに
開封率
いいですよ♪」

 

 

メールが不要になったときはいつでもメルマガ中のリンクから解除できます。

 

お気軽にご登録ください♪