【自己肯定感アップ】仮説をたてると良い結果につながりやすい

 

あなたは新しくなにかをはじめるとき

1、とりあえずやってみるほうですか?

2、仮説を立ててからやってみるほうですか?

 

 

 

ことわざでいうとこちらでしょうか・・

 

1、出たとこ勝負

2、急がば回れ

なのか・・・

 

 

ちなみにことわざの意味は、

【出たとこ勝負】

事前に準備することなく、その場の成り行きで決着をつけること。「今度の試験は出た所勝負でいく」(GOO辞書)

【急がば回れ】

急ぐときは、早道や危険な方法を選ばずに、むしろ回り道で確実で安全な道を通った方が結局は早く着けるものだという教えです。 また、目的を達成するのに性急にやらずに余裕をもつ方が確実であり、時には好い運をつかむことがあるということにもなっています。(引用故事百選)

 

 

こんにちは。

自己肯定感カウンセリングの

岸です。

 

 

 

2の急がば回れは、

すこしニュアンスがちがうのでは

と思われたかもしれません。

 

 

 

でも、道や方法を思考におきかえると

おわかりいただけるでしょう。

 

 

 

 

すこし話がそれました。

 

 

 

 

新しくなにかをはじめるときに

 

 

とりあえずとりくんでみるか

仮説を立ててからとりくんでみるか

 

 

どちらがいいでしょうか?

 

 

 

仮説を立ててからとりくんでみましょう!

 

 

 

 

 

 

ではなぜ

仮説を立ててからとりくむほうが

いいのでしょうか?

 

 

 

それは、いちど事前に考えているので

たとえ良くないことが起こっても

その場で修正しやすいからです。

 

 

 

仮説を立てないで取りくんだばあい、

考える時間がないので、

その分早く結果は出ます。

 

 

 

でもどんな結果になるか分かりにくいです。

それこそ一か八か。

 

 

 

結果がグダグダになっても

仕方ないかぁ

ってなりやすいです。

 

 

仮説を立ててからとりくんで

よい成果が出たばあいは、

自己肯定感も上がります。

 

 

 

 

 

なので、

仮説をたててからうごくのは

おすすめです!

 

 

 

参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩  

 

ただいま無料メール講座を実施中です。

 

自己肯定感があがり人生が良い流れになる
3ステップメール講座

日間のメール講座で自己肯定感が上がる
本当のあなたがみつかる!ココロの境界線がひける!

 

無料でメール講座を登録する!

 

こんなお悩みをお持ちの方にオススメです。

↓  ↓  ↓

 自己肯定感を高くしたい

 自分をさらけだせない

● 人に嫌われるのが怖い

● 自分を犠牲にしてしまう

● 完璧主義だ

● 自分が嫌い

● 不安が大きく前に進めない

● ココロの境界線がひけない

 自分に自信がない

 

このメール講座は

「自己肯定感カウンセリング」

でおこなっている重要なポイントを

 

 

カンタンでわかりやすく、

一人でも取り組みやすい内容にしたものです。

 

 

お読みいただくと、

 ↓  ↓  ↓

 自己肯定感が高まる

⇒ 人と自然に付き合えるようになる

⇒ 自分を感じられるようになりかるくなる

⇒ 自分を好きになる

⇒ 毎日が楽しくなり、幸せを創りたくなる

⇒ しなやかで芯の強い自分になる

 

 

無料メール講座の登録はこちらをクリック!

詳細ページはコチラです。

ピンときたあなたは、

上のボタンからぜひ登録をお願いしますm(_ _)m