友人の心ない一言にはどう対処する?

 先日知り合いの知り合いの方で

友人との今後の関係に悩んでいると言う方の相談を

人づてに伺いました。

 

 

 

 

 

その方は学生さんです。

仮にこの方をAさんとします。

 

 

 

 

 

Aさんは幼い頃にお父様を亡くされた方なのですが、

学校の友人に「片親っていいよね」と言われたそうなんです。

 

 

 

 

 

 

 

私などは、もうこれを聞いただけで

かなりの衝撃をうけるくらいの一言なのですが・・

 

 

 

 

 

 

 

 

心ない一言を言う人っていますよね。

言った当人はそれほど大したことない

と思って言っているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、それを聞いた本人にとっては

とんでもないことだったりします。

 

 

 

 

 

 

 

私も数十年前に会社の上司から

お前は人間の資格がないと

言われたことがあります。

 

 

 

 

 

 

Aさんのご友人がどんな人で

どんな意図でその言葉を発したかは

詳細を伺っていないのでわかりません。

 

 

 

 

 

 

ですが、実際Aさんはその言葉がきっかけで

今後そのご友人とどうつきあっていけばよいのか

悩みだしたそうです。

 

 

 

 

 

 

こんなときはどうしたら良いのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

一番良いのは、

その問題と離れることです。

 

 

 

 

 

 

 

そのご友人と離れるか、

それができないのであれば

やり過ごすのがベストな方法と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

心ない一言を言ったとはいえ友人であるので、

関係を修復したいと思うのなら、

言われた言葉について確認するのも一つの方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜそんなことを言ったのか

言われた相手の気持ちを考えたのか

その友人に思いや考えを聞いてみる。

 

 

 

 

しかし、です。

そもそも心ない一言です。

今までは気が合って

いつもそばにいた友達だったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

でも、もしかすると、

悩んでしまうような一言を投げかけたその友達は、

あなたの友達の器ではなかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の事はそのことを気づかせてくれる

出来事だったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさん、まずはご自身を大事にしてください。

あなたがこれからどうしていきたいのか。

友達が言ったことばを聞いて

あなたがどう思ったのか、どう感じたのか。

 

 

 

 

 

 

 

あなたの人生です。あなたが決めていいんです。

逆にあなたしか決められません。

 

 

 

 

 

 

 

 

友達との今までの関係を壊したくない、

そう思うかもしれません。

それも一つの選択です。

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったのであれば、

そういう未来に向かうのもあなたの自由です。

 

 

 

 

 

 

 

友達との関係は、あくまでも関係です。

関係がメインではありません。

主体は友達ではなくあなたです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずあなたがどうしたいのか。

それを明確にしてみてください。

その上でより良い方向性を探りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリングでは、じっくりとお話を伺った上で、

今後の方向性を決めていきます。

 

もし私に話を聞いてもらいたいと

思われたのであればお試しカウンセリングをどうぞ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 


 

メルマガ絶賛配信中です!

 

メルマガは毎週火曜20時ごろと
ほかの日にも配信してます!(週2回程度)

〜期間限定キャンペーンなどのおとくな最新情報もお届けします〜

 

このホームページのブログ記事も

ほぼこのメルマガで配信しています

 

待っていれば届きますので、

お知らせ代わりになって便利です!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

メルマガのバックナンバー(今までの号)を

ご覧になりたい場合はこちらにアクセスしてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

メールが不要になったときは

いつでもメルマガ中のリンクから解除できます。

 

お気軽にご登録ください♪