オステオパシーって何?怪しい?頭を触るだけなの?

先日、友人がオススメしてくれたオステオパシーなるものに行ってきました。
オステオパシー。整体やマッサージなどに興味のある方は、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

施術を受ける人の身体に、手を触れるか触れないかくらいで、体の不調を整えてしまう、かもしれない不思議な施術をするという、アレです。

こう聞くと一般的には「かなり怪しい」です。

ただ、アメリカやヨーロッパでは医療資格として認められているものです。

オステオパシー とは

オステオパシーについて団体のHPがありましたので、引用します。

オステオパシーは、19世紀にアメリカのアンドリュー テーラー スティル 医学博士によって創始された。

人間の体は一つのユニットであり、構造と機能とは相互に関係を持ち、自らを防御し、自らを修復しようとする能力(自然治癒力)を備えている。

博士はこのような考えのもとに、手技によって自然治癒力を導き出し、健康を回復する治療法を生み出した。これがオステオパシーである。

スティルは、解剖学を調べなおし実際に人間の身体を詳細に観察する中で、人体のどの部分も互いに影響しあっており、「全体で一つのものとして機能しているユニットである」ということに気づいた。例えば、足首の小さなズレがあったとすると、それは周辺の靭帯、筋、他の関節にすぐに伝わり、内臓にも影響し、実は全身に影響しているのだということである。

この原則により、オステオパシーでは、腰痛を治療する場合でも、それが腰だけに原因があるわけではないと考え、全身的な観点から治療を行なう。

人体の構造は機能を支配している。つまり、構造のゆがみはすぐさまその機能に影響し、機能を制限する要因ともなり得る。逆に、機能が構造を支配していることも真実である。例えば、内臓機能の低下により、その関連する筋などが緊張し、体の構造を歪ませることもありえる。

スティルは血液の重要性にいち早く気づいていた。

※この原則により、オステオパシーでは、腰痛を治療する場合でも、それが腰だけに原因があるわけではないと考え、全身的な観点から治療を行います。

日本オステオパシーメディスン協会HPより引用

そして、スティル博士は以下の3点をオステオパシーの原則としました。上記の要約ですね。

「体は全体で一つのものとして機能しているユニットである」
「構造は機能を支配し、機能は構造を支配する」
「血液の循環がもっとも重要である」

日本オステオパシーメディスン協会HPより抜粋

とても興味深いです。腰痛を治療する場合でも、腰だけに原因があるわけではないと考えて、全身にフォーカスするというのです。

オステオパシーってどんな感じ?

友人は1ヶ月半に一回くらい定期的にオステオパシーの治療院を訪れ、身体を整えてもらっている、といいます。

友「行って施術をやってもらうとふしぎと身体の調子が良くなるんだよ」


私「ほお」(ホントかいな)「ほんとにかすかに触るだけなの?」


友「そうだよ」「興味があるなら行ってみれば」

実は、私管理人も、この「オステオパシー」は、もう2〜3年前から気になっていました。
(そんなに長いこと気になっていたなら、とっとと行ってしまえ!という声が聞こえてきそうですが・・まさにそのとおりです。悩んでいる時間は無駄の極みなんですよね・・ほんとに0→1にするのはタイヘンです。現状維持バイアスはこれほど強いことを実感します・・。)

ともかく、友人から薦められたというのを最大のチャンスと捉えて、ついに行くことにしたのです。

オステオパシーを予約する

予約も初めてですから、ちょっとドキドキします。

普通に電話して、日時を予約しました。

そこは完全予約制とのことで、いきなり行っても受け付けてもらえないところのようです。

とはいっても普通のお医者さんを予約するのと変わりはないはずなので、そんなにドキドキする必要もありませんが。

近場で一番評判の良さそうなところにしました。

オステオパシーの施術

予約日当日。

都内のとあるビルの一室にその治療院はありました。


先生一人だけで、やってらっしゃるので、こじんまりしていて安心できる雰囲気です。完全予約制も納得です。

施術もメインの施術台が1台あるだけです。


あとは椅子と、何かの施術に使うであろう機器が一台部屋の奥に見えます。

軽い問診のあと、場所を移動して、施術が始まりました。

施術が始まると、整体のように、身体の歪みを見ながら、身体をさすります。
そして、コリや痛みのある箇所などをほぐしていきます。

ここまでは普通の整体などと何ら変わりません。

変わったのはその後です。

首の後ろに手を添える。

頭に手を添える。

頬に手を添える。


両耳の上の一点(おそらくはツボ)に指を当てる


両耳を引っ張る

首の後ろに手を添える。


など。

単に添えているだけのような軽い感じのときもあれば、かなり強い力で押す時もありました。
そんな強弱を加えながら、頭部に対して軽い刺激を与えて?いくようなのです。

こんなんで、わかるのかな?

という思いが施術中ずっと頭の中を駆け巡っていました・・

・・・

・・・

オステオパシーを受けてみて

施術終了しました。

もう終わり?

まだ始めて20分くらいでは?

時計をみたらほぼ1時間経っていました。

体感するよりも長い時間が実際に経っていたようです。

施術後、先生からは、

「頭の後ろのあたりに血の流れの悪いところがある」
「やっているうちに顔色が良くなってきた」
「身体の歪みは矯正しました」

と言われたので、なにか読み取れるのでしょう。

身体に変化が起きたかどうかは、なんとなく身体が軽くなったような感じです。


それと、あの頭部を触られている不思議な感覚は他にはない体験なので、しばらく続けてみようかなと思っています。

オステオパシーが気になっている方、参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩  

 

ただいま無料メール講座を実施中です。

 

自己肯定感があがり人生が良い流れになる
3ステップメール講座

日間のメール講座で自己肯定感が上がる
本当のあなたがみつかる!ココロの境界線がひける!

 

無料でメール講座を登録する!

 

こんなお悩みをお持ちの方にオススメです。

↓  ↓  ↓

 自己肯定感を高くしたい

 自分をさらけだせない

● 人に嫌われるのが怖い

● 自分を犠牲にしてしまう

● 完璧主義だ

● 自分が嫌い

● 不安が大きく前に進めない

● ココロの境界線がひけない

 自分に自信がない

 

このメール講座は

「自己肯定感カウンセリング」

でおこなっている重要なポイントを

 

 

カンタンでわかりやすく、

一人でも取り組みやすい内容にしたものです。

 

 

お読みいただくと、

 ↓  ↓  ↓

 自己肯定感が高まる

⇒ 人と自然に付き合えるようになる

⇒ 自分を感じられるようになりかるくなる

⇒ 自分を好きになる

⇒ 毎日が楽しくなり、幸せを創りたくなる

⇒ しなやかで芯の強い自分になる

 

 

無料メール講座の登録はこちらをクリック!

詳細ページはコチラです。

ピンときたあなたは、

上のボタンからぜひ登録をお願いしますm(_ _)m