「朝起きられない!」解消するためのたった1つの方法

20代の男性の質問です。朝型の生活に変えようとおもったのですが、自分が決めた時間に起きられません。寝る前は「明日の朝はちゃんと起きて勉強しよう」と思うのですが、実際朝になってみると時間ギリギリになってしまうのです。どうしたら良いでしょうか。

朝起きられない!どうしたらいい?

「朝、思った時間に起きられないんです!」

20代の男性の質問です。

朝方の生活に変えようとおもったのですが、自分が決めた時間に起きられません。寝る前は「明日の朝はちゃんと起きて勉強しよう」と思うのですが、実際朝になってみると時間ギリギリになってしまうのです。

どうしたら良いでしょうか。

寝る前の行動をなにかひとつ変えてみる

難しいことはいりません。かんたんなことで大丈夫です。

いま、うまくいっていないのですから、なにか、なんでもいいので、違うことをしてから寝てみましょう。

前日寝る前に何をしているか、書き出してみる

まず、直近30日間の、起きられない日の前日の行動を思い起こしてみましょう。

夕食は何時に食べたのか。夕食を食べたあと寝るまで何時間かかったのか。お風呂は入ったのか。シャワーなのか湯船につかったのか。

仕事から帰って寝るまで時間がなかったとしても、家に帰ってからの行動は何かしらあるはずです。

それを考えて書き出してみましょう。

起きられた日は、ある?

次に、起きられる日が、1日でもあったら、その日の前日のことを思い出して、書き出してみましょう。

起きられない日と違うことがあったのであれば、それを毎日続けてみましょう。

起きられた日が、ないとき

もし起きられる日が一日もなかったのであれば、起きられない日の前日の行動をひとつ、なんでもいいので、変えてみましょう。

難しいことはいりません。かんたんなことで大丈夫です。

いつもシャワーだけなら湯船につかってみる、とか、食事とお風呂の順番を変えてみる、とか。

プロセスと結果を見守る

これで次の日、結果がどうなるか見守ってみてください。

何も変わらなかったら、また別の違うことを何でも良いのでやってみてください。

それで結果がどうなるか見守ります。

冒頭の彼は、食事の時間を早くすることで、早起きを継続的にすることができました。

まとめ

物事は、うまくいくことも、うまく行かないこともあります。

  • うまくいくようであれば、その原因となるであろう行動を続けましょう。
  • うまくいかないようであれば、なにか、何でも良いので違うことをしてみましょう。

 

自分の思った通りの行動ができれば、自己肯定感も高まります。

自己肯定感を永久定着させて、笑顔で人生を生きていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガ配信中です

メルマガは毎週火曜20時ごろと
ほかの日にも配信してます!

〜最新情報をお届けしてます〜

 

「ちなみに
開封率
いいですよ♪」

 

 

メールが不要になったときはいつでもメルマガ中のリンクから解除できます。

 

お気軽にご登録ください♪