【アダルトチルドレン】したいことが分かるようになる

 

あなたは他人から

「あなたはなにがしたい?」

「あなたはどうしたい?」

って聞かれたときなんてこたえますか?

 

 

 

「はい。〇〇がしたいです!」

 

 

 

こんなふうに

ササっと

答えられるでしょうか。

 

 

 

それとも

 

べつに・・

とくにやりたいことなんてない・・

そんな質問はやめてほしい・・

 

でしょうか。

 

 

こんにちは。

自己肯定感カウンセリングの

岸洋志です。

 

 

 

わたしは、以前は、この手の質問はたいてい困ってました。

答えられないし、時間のムダだからやめてくれと思っていました。

 

 

 

「やりたいことがない」

という答えの背景には、

2通りあります。

 

 

1、(文字どおり)本当にやりたいことがない

2、(決められないから)→やりたいことがない

 

 

 

 

1の本当にやりたいことがないのは

しかたがないですね。

(本当かどうか確かめる必要もありそうですが・・^^)

 

 

2の決められないのは、

なぜ自分で決められないのでしょうか?

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

アダルトチルドレンだから

かもしれません。

 

 

 

 

機能不全家族で育った

アダルトチルドレンは

自分で決められない傾向があります。

 

 

 

子どものころに

自分で決めることをよしとしない

状況にはまってしまったんです。

 

 

 

その状況をつくりだしてしまったのは

親であることがおおいです。

 

 

 

たとえばこんなふうです・・・

 

・なんでも先回りして親が決めてしまう。

 

・自分で決めた答えを

親にはなから否定されてしまう。

 

・自分で出した答えが

結果的にうまくいかなかったときに

親から責められてしまう。

 

 

 

親は悪気があってしているわけではありません。

子どもに失敗をさせたくないから、

良かれと思ってしています。

 

 

 

 

でも、これらは全て、子どもにとって

自分がだした答えは間違っているものだ

という刷り込みをつくりあげます。

 

 

 

 

 

アダルトチルドレンは、

この刷り込みを子供のころに受けています。

 

 

 

なにもしないと

この刷り込みをもちつづけたまま

成長してしまいます。

 

 

 

そうなると

「あなたはどうしたい?」

という質問がきたとき、困ってしまうんです。

 

 

 

自分の答えは間違ってるから

採用しないって

あなたは潜在意識下で思っています。

 

 

 

あなたは、

答えは自分が決めるものではない

と思っているんです。

 

 

 

 

 

 

でも。成長すると、

自分で自分のことを決めたい場面は

少なからずやってきます。

 

 

 

 

「あなたは何がしたい?」

こう聞かれたときに

どのように答えていきたいですか?

 

 

 

 

もしあなたが、

はい、◯◯がしたいです!

と答えたいのなら、

いちど、わたしとお話しをしてみませんか。

 

 

カウンセリングのお申し込みはこちらから。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


 

メルマガ絶賛配信中です!

 

メルマガは毎週火曜20時ごろと
ほかの日にも配信してます!(週2回程度)

〜期間限定キャンペーンなどのおとくな最新情報もお届けします〜

 

このホームページのブログ記事も

ほぼこのメルマガで配信しています

 

待っていれば届きますので、

お知らせ代わりになって便利です!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

メルマガのバックナンバー(今までの号)を

ご覧になりたい場合はこちらにアクセスしてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

メールが不要になったときは

いつでもメルマガ中のリンクから解除できます。

 

お気軽にご登録ください♪